山根会長の“子飼い”…吉森専務理事が逆ギレ会見でドン擁護

公開日:

 加えて、記者から山根氏が全ての肩書を辞するのかと聞かれると、「そこまで確認していない」「会長としての権限がなくなった」などと繰り返した揚げ句、山根氏本人への確認を求める記者に「しつこいですよ!」と逆ギレ。会見の終わりで再度確認を求められると、今度は「ハッハッハッ」と笑って、「会長は憔悴して、なかなか電話取ってくれない」などと言い訳して会見場を去っていった。

 笑ったり怒鳴ったり、ジェットコースターのように感情を爆発させた吉森氏は東大法学部卒のエリート弁護士。ボクシング経験者で、現在も東大ボクシング部の総監督を務めている。

 気になるのは、なぜドンをかばい続けているのかだ。

「吉森さんは山根さんから人前で『使えない弁護士』だと罵倒されたこともあったらしい。それでも、何か弱みでも握られているのか、山根さんには忠犬のように振る舞っている。何年も前のことですが、ある国際女優さんから連盟に抗議書が届いた。そこにはセクハラに関するような内容が書かれていたらしい。当時、抗議書が公にならないようにモミ消したのが山根さんです。以来、吉森さんはなぜか、絶対服従の姿勢を崩そうとしません」(日本ボクシング連盟関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る