ボクシング連盟山根会長をドンへと変えた日大との“深い縁”

公開日:  更新日:

 助成金の不正流用、審判への不正強要、パワハラなど、疑惑が山積みの日本ボクシング連盟。その親玉で疑惑の渦中にいる山根明会長(78)は1日に岐阜県で行われた高校総体ボクシング大会を欠席。連盟幹部によれば「入院」とのことだが、一連の行動で想起されるのが、悪質タックルを指示したとされる日大アメフト部の内田正人前監督(62)だ。

 内田前監督は記者会見後、人目をはばかるように入院。表舞台から姿を消した。そういえば、山根会長はいまだ会見すらせず逃げ回っている日大の田中英寿理事長(71)とも懇意の仲で、日刊ゲンダイもツーショット写真を報じたばかりだ。しかも、山根会長は今年4月には日大スポーツ科学部の客員教授にも就任している。当然、人事を牛耳る田中理事長の引きだろう。

「類は友を呼ぶ」とは、まさにこのことではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る