惜敗の涙から1年…優勝の「におい」消えた松山のメンタル

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】 

 松山英樹(26)は2アンダー、16位タイとまずまずのスタートを切ったが、今季はここから波に乗れない。

 前年覇者として臨んだ先週のWGCブリヂストン招待も、初日は首位に5打差、3アンダーの21位発進。それが1オーバー、39位のフィニッシュ。

「いい感じで試合に臨んでも崩れてしまい(調子を戻すには)ちょっと時間がかかりそう」と言って、肩を落とした。

 この日のボギーなしは、課題のティーショットが安定(フェアウエーキープ率71・43%)した結果だ。

「ピンチもありながらノーボギーは大きい。チャンスは少なかったがティーショットがフェアウエーに置けたので。メジャーの初日としてはいいスコアで回れた。セカンドショットは良くなかったが、フェアウエーから打てたのでグリーンに乗った(パーオン率66.67%)。パットに関しては11番でいいパーパット(約5メートル)が入ってくれた。もう少し、何の不安もなくポンポン打ちたいが、まだ不安がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る