• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷が2度目のブルペン 指揮官「今季中の復帰可能」と明言

 右肘故障からの完全復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)が投手として順調なリハビリをこなしている。

 11日(日本時間12日)に投球練習を再開。この日は外野でキャッチボールを行い、1球ごとにフォームやリリースポイントを確認しながら73球を投げ、13日(同14日)に再び、ブルペン入りすることが発表された。

 前日、立ち投げで23球を投げた大谷の出来について指揮官は「大変、満足している」と、まずは及第点を与えた。

 今後のリハビリプログラムに関してはブルペンで球数を増やしながら、制球力を高めて、「実戦で駆使する持ち球を全てチェックさせる。メジャーに復帰できるようにブルペンと(実戦形式で)打者との対戦を繰り返していく」と説明した。

 メジャー復帰時期については「目指している期日はある」と、具体的には明かさなかったが、「今季中の復帰が最終目標になる。ショウヘイには十分に可能だと思っている」と期待を込めて話した。

■2点タイムリー

 この日の大谷はアスレチックス戦に打者として「3番・DH」でスタメン出場。3点を追う八回の第5打席、2死二、三塁の好機で6番手右腕ファミリアの変化球を捉えて左前に運ぶ2点適時打。5打数1安打2打点、3三振だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る