大谷が2度目のブルペン 指揮官「今季中の復帰可能」と明言

公開日:

 右肘故障からの完全復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)が投手として順調なリハビリをこなしている。

 11日(日本時間12日)に投球練習を再開。この日は外野でキャッチボールを行い、1球ごとにフォームやリリースポイントを確認しながら73球を投げ、13日(同14日)に再び、ブルペン入りすることが発表された。

 前日、立ち投げで23球を投げた大谷の出来について指揮官は「大変、満足している」と、まずは及第点を与えた。

 今後のリハビリプログラムに関してはブルペンで球数を増やしながら、制球力を高めて、「実戦で駆使する持ち球を全てチェックさせる。メジャーに復帰できるようにブルペンと(実戦形式で)打者との対戦を繰り返していく」と説明した。

 メジャー復帰時期については「目指している期日はある」と、具体的には明かさなかったが、「今季中の復帰が最終目標になる。ショウヘイには十分に可能だと思っている」と期待を込めて話した。

■2点タイムリー

 この日の大谷はアスレチックス戦に打者として「3番・DH」でスタメン出場。3点を追う八回の第5打席、2死二、三塁の好機で6番手右腕ファミリアの変化球を捉えて左前に運ぶ2点適時打。5打数1安打2打点、3三振だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る