燕バレを巧みに“操縦” 本塁打量産の裏に宮本ヘッドあり

公開日:

 この日は無安打に終わったが、15日現在、29本塁打、94打点。ともにリーグトップで、打点は2位に20点以上の大差をつけているのがヤクルトのバレンティン(34)だ。

 陽気な性格だが、審判のジャッジにイラ立つことも。昨オフは自由契約を取り沙汰されながら、石井打撃コーチが「残してほしい」と直談判。宮本ヘッドコーチの厳しい指導にも食らいついて、シーズンを迎えた。

 それでも時々、やる気のないスイングや守備を見せる。ヤクルト一筋8年目という居心地の良さから、甘えやサボり癖をのぞかせるのだが、そんな気分屋助っ人について、宮本ヘッドは「バレンティンの集中力が途切れること? それが一番面倒くさいですよね」と苦笑しつつ、こう続けた。

「ちょっと走ったら、みんなが『バレンティンは一生懸命にやっている』と思ってくれるのは大きい。やらせるところはやらせないといけないですから。守備練習もカードの1、2戦目だけしっかりやらせて、3戦目だけは免除してあげたりしている。そこは年齢もあるし、バランスをとりながらやっています」

 先月には女房や娘たちが来日。家族水入らずの時間が増え、精神的なよりどころにもなっているが、好調の裏側に宮本ヘッドの手綱さばきがあることは見逃せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る