ベイ守護神攻略 ヤクルト谷内の殊勲打生んだベンチの慧眼

公開日:

 連敗を8で止めた。

 16日、ヤクルトがDeNAに逆転勝ち。殊勲打を放ったのは、この日、一軍に昇格したばかりの谷内亮太(27)だった。

 1点を追う九回、先頭の青木が捕手への内野安打で出塁すると、山田が二塁ベース直撃の二塁打で同点に。バレンティンの右前打、雄平が申告敬遠で満塁。西浦の三ゴロで1死満塁となり、谷内が代打で登場した。

 2度の空振りで追い込まれるも、ファウルで2球粘って2点適時打で勝ち越し。ヒーローとなった伏兵は「つなぐ気持ちが大前提だった。(追い込まれてから)打席の中で修正できたのがよかった」と振り返った。

 活躍の裏には「(九回に登板した守護神の)山崎康晃と相性がいい」というデータがあった。2016年は3ランを放ち、昨季は1安打1三振。宮出打撃コーチは「谷内を行かせたいから、最後まで残しておいてほしい」と小川監督に相談したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る