ベイ守護神攻略 ヤクルト谷内の殊勲打生んだベンチの慧眼

公開日:

 連敗を8で止めた。

 16日、ヤクルトがDeNAに逆転勝ち。殊勲打を放ったのは、この日、一軍に昇格したばかりの谷内亮太(27)だった。

 1点を追う九回、先頭の青木が捕手への内野安打で出塁すると、山田が二塁ベース直撃の二塁打で同点に。バレンティンの右前打、雄平が申告敬遠で満塁。西浦の三ゴロで1死満塁となり、谷内が代打で登場した。

 2度の空振りで追い込まれるも、ファウルで2球粘って2点適時打で勝ち越し。ヒーローとなった伏兵は「つなぐ気持ちが大前提だった。(追い込まれてから)打席の中で修正できたのがよかった」と振り返った。

 活躍の裏には「(九回に登板した守護神の)山崎康晃と相性がいい」というデータがあった。2016年は3ランを放ち、昨季は1安打1三振。宮出打撃コーチは「谷内を行かせたいから、最後まで残しておいてほしい」と小川監督に相談したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る