ベイ最下位脱出の救世主 ソトは“お得意”燕相手に悪癖修正

公開日:

「魔の火曜日」から脱出した。

 DeNAは7日、ヤクルトに勝って最下位を脱出。火曜の連敗も「9」で止めた。救世主は先制2ランを放ったソト(29)だ。

 6月には23打席無安打とスランプに。最近またこのときと同じ“症状”が出始めていた。小川打撃コーチはこう言う。

「バットコントロールはいいんだけど、器用すぎるからこそいろんな球に手を出してしまうし、実際に当てられてしまう。23打席ノーヒットのときがあったでしょ。最近もまたそのときと同じような状態になっていた。インサイドにも外にも広げすぎていたので、本人には『もっとゾーンを絞って打席に立った方がいい』と話してね。そうしたらすぐに順応してくれた。もともとすごい集中力の持ち主だから、これからも続けてくれたら」

 ソト本人も「状態自体は悪くなかったけど、先週はボール球を振ってしまう傾向があったので、ストライクゾーンを絞った」と話した。

 ソトは前回までのヤクルト戦3試合で打率.429、先発の小川に対しても.429とお得意さまにしていた。大好物相手のリハビリが奏功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る