• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

 スタートトゥデイの前沢友作社長(42)が17日正午、ツイッターでプロ野球の球団経営への意欲を示して大騒ぎとなったその4時間後、くしくも老舗球団の巨人では、度重なる不祥事の責任を取り、老川祥一オーナー(76)の辞任が発表された。

 前沢氏の「願望」が実現するかどうかはともかく、プロ野球の長い歴史の中で「新興」に分類されるIT企業がオーナーのソフトバンクや楽天、さらにDeNAがそれぞれ独自性を発揮して球団運営を行い、一定の成果を上げる一方で、巨人や阪神、中日といった草創期から野球界を牽引してきた「老舗」球団は、軒並み低調と言わざるを得ない。

 新興球団と老舗球団の差は、「コストパフォーマンス」にも表れている。

 6月発表の決算公告によると、ソフトバンクの売上高は約305億円。売上高非公表の巨人は250億円程度といわれ、阪神も200億円を突破した。これが12球団のトップ3とみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る