ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

公開日:

 スタートトゥデイの前沢友作社長(42)が17日正午、ツイッターでプロ野球の球団経営への意欲を示して大騒ぎとなったその4時間後、くしくも老舗球団の巨人では、度重なる不祥事の責任を取り、老川祥一オーナー(76)の辞任が発表された。

 前沢氏の「願望」が実現するかどうかはともかく、プロ野球の長い歴史の中で「新興」に分類されるIT企業がオーナーのソフトバンクや楽天、さらにDeNAがそれぞれ独自性を発揮して球団運営を行い、一定の成果を上げる一方で、巨人や阪神、中日といった草創期から野球界を牽引してきた「老舗」球団は、軒並み低調と言わざるを得ない。

 新興球団と老舗球団の差は、「コストパフォーマンス」にも表れている。

 6月発表の決算公告によると、ソフトバンクの売上高は約305億円。売上高非公表の巨人は250億円程度といわれ、阪神も200億円を突破した。これが12球団のトップ3とみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る