ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

公開日: 更新日:

 スタートトゥデイの前沢友作社長(42)が17日正午、ツイッターでプロ野球の球団経営への意欲を示して大騒ぎとなったその4時間後、くしくも老舗球団の巨人では、度重なる不祥事の責任を取り、老川祥一オーナー(76)の辞任が発表された。

 前沢氏の「願望」が実現するかどうかはともかく、プロ野球の長い歴史の中で「新興」に分類されるIT企業がオーナーのソフトバンク楽天、さらにDeNAがそれぞれ独自性を発揮して球団運営を行い、一定の成果を上げる一方で、巨人や阪神中日といった草創期から野球界を牽引してきた「老舗」球団は、軒並み低調と言わざるを得ない。

 新興球団と老舗球団の差は、「コストパフォーマンス」にも表れている。

 6月発表の決算公告によると、ソフトバンクの売上高は約305億円。売上高非公表の巨人は250億円程度といわれ、阪神も200億円を突破した。これが12球団のトップ3とみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る