ダルの今季復帰は絶望…右肘に異常見つかり6週間の安静へ

公開日:

 早くも今季終了である。

 カブスは21日(日本時間22日)、右上腕と右肘を痛めて故障者リスト(DL)入りしているダルビッシュ有(32)が、今季の残り試合に登板しないと発表。今後はチームに帯同しながら、来季の開幕に備える見込み。球団によると、20日に受けたMRI検査の結果、右肘に異常が見つかり、医師から6週間の安静が必要と診断されたという。

 ダルは5月27日に今季2度目のDL入り。8月19日のマイナー戦に登板したが、右肘の異常を訴えて1回で降板していた。

 チームは2位ブルワーズと3ゲーム差のナ・リーグ中地区首位。3年連続地区優勝に向けてまい進している中での離脱である。

 ダルは昨季終了後、レンジャーズからFAとなり、今年2月に6年総額1億2600万ドル(約137億円)で入団した。今季ここまで8試合に登板して1勝3敗、防御率4.95。2年ぶり世界一の使者として迎えられながら、期待外れに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る