• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルの今季復帰は絶望…右肘に異常見つかり6週間の安静へ

 早くも今季終了である。

 カブスは21日(日本時間22日)、右上腕と右肘を痛めて故障者リスト(DL)入りしているダルビッシュ有(32)が、今季の残り試合に登板しないと発表。今後はチームに帯同しながら、来季の開幕に備える見込み。球団によると、20日に受けたMRI検査の結果、右肘に異常が見つかり、医師から6週間の安静が必要と診断されたという。

 ダルは5月27日に今季2度目のDL入り。8月19日のマイナー戦に登板したが、右肘の異常を訴えて1回で降板していた。

 チームは2位ブルワーズと3ゲーム差のナ・リーグ中地区首位。3年連続地区優勝に向けてまい進している中での離脱である。

 ダルは昨季終了後、レンジャーズからFAとなり、今年2月に6年総額1億2600万ドル(約137億円)で入団した。今季ここまで8試合に登板して1勝3敗、防御率4.95。2年ぶり世界一の使者として迎えられながら、期待外れに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る