男子100m山県亮太 自己タイ10秒00もアジアの壁に阻まれ銅

公開日: 更新日:

 今季日本最速男がアジア王者に屈した。

 陸上男子100メートル決勝で山県亮太(26)が自己ベストに並ぶ10秒00をマークしながら、アジア最速記録(9秒91)保持者で、大会新となる9秒92で優勝した蘇炳添(28=中国)らに及ばず、銅メダルに終わった。

 好スタートを切りながら、終盤にかわされた山県は「(蘇は)近くに感じられた。今度は勝てるようにしたい」と話したが、アジアのライバルとの差は簡単に埋まりそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    自民党は菅首相“切り”に動く…果たしてその契機は何なのか

もっと見る