U-21格下に辛勝…対応力欠如の森保五輪代表は勝ち進めるか

公開日:

 サッカーのアジア大会で東京五輪世代のU―21日本代表が、24日の決勝トーナメント1回戦でマレーシアと対戦。終了間際のPKで日本が1―0で辛くも逃げ切り、準々決勝進出を決めた。

 A代表監督を兼務する森保一監督(50)にとって、今回のアジア大会は「初めての公式大会」である。かねて「アジアの大会はベスト4以上が求められる」と話しており、ベスト8入りを逃がすワケにはいかない。

 しかし、日本は1トップのFW前田(松本)が不発。ドリブラーのMF岩崎(京都)、スピードのあるMF旗手(順大)らのシュートは相手GKの正面を突くばかり。逆に何度もマレーシアのカウンターにさらされ、強力レフティーFWのS・ラシドのクロスバー、右ポスト直撃のシュートが入っていたら、森保五輪代表はベスト16で帰国の途についていたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る