U-21格下に辛勝…対応力欠如の森保五輪代表は勝ち進めるか

公開日:

 サッカーのアジア大会で東京五輪世代のU―21日本代表が、24日の決勝トーナメント1回戦でマレーシアと対戦。終了間際のPKで日本が1―0で辛くも逃げ切り、準々決勝進出を決めた。

 A代表監督を兼務する森保一監督(50)にとって、今回のアジア大会は「初めての公式大会」である。かねて「アジアの大会はベスト4以上が求められる」と話しており、ベスト8入りを逃がすワケにはいかない。

 しかし、日本は1トップのFW前田(松本)が不発。ドリブラーのMF岩崎(京都)、スピードのあるMF旗手(順大)らのシュートは相手GKの正面を突くばかり。逆に何度もマレーシアのカウンターにさらされ、強力レフティーFWのS・ラシドのクロスバー、右ポスト直撃のシュートが入っていたら、森保五輪代表はベスト16で帰国の途についていたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る