日本史上初の6冠 池江璃花子の進路は“日大より海外”が正解

公開日: 更新日:

 ノーブレスで泳ぎ切ると、掲示板を確認し、両手の拳を握りしめた。

 競泳女子の池江璃花子(18)が24日のアジア大会50メートル自由形で優勝。1大会の日本史上最多となる6個目の金メダルを手にし、「優勝できると思っていなくて、(出場した)12レースの中で一番緊張した。本当にうれしい」と喜んだ。当然、スポーツマスコミは「前人未到の6冠達成!!」と大騒ぎである。

 池江はメダル獲得を期待された昨年の世界選手権で惨敗。一度も表彰台に立てず、世界の壁にはね返された。そこで、昨年11月から今年3月までに豪州での武者修行を含め、4度の海外合宿を敢行。現地の有力男子選手とトレーニングを行い、自信を取り戻した。

 このアジア大会では6日間で8種目に出場。リレーと合わせて金6、銀2と出場レースすべてでメダルを獲得した。来春の高校卒業を控え、一時は日大進学に進路を絞っていたが、アメフト部の悪質タックルによる一連の騒動もあって、正式表明には至っていない。周囲には、よりレベルの高い環境を求めて、海外留学を勧める声もある。

 池江が目指しているのは、レベルの低いアジア大会でメダルを量産することではない。来年の世界選手権、2年後の東京五輪での表彰台を考えれば、問題の多い日大より海外、が正解ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  9. 9

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  10. 10

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る