バド女子48年ぶり金に貢献 “フクヒロ”ペアが秘める強い絆

公開日: 更新日:

 半世紀ぶりの快挙だ。

 22日、アジア大会(ジャカルタ)でバドミントン女子団体が金メダルを獲得した。ダブルスで出場した「フクヒロ」こと福島由紀(25)・広田彩花(24)ペア(世界ランク1位)は昨年の世界選手権で優勝した中国ペア(同3位)をストレートで撃破。宿敵の中国を倒し、48年ぶりに頂点に立った。

 フクヒロは、つい3カ月前まで移籍騒動の渦中にいた。発端となったのは、2人が傾倒していた再春館製薬所の今井彰宏元監督だった。今井元監督は、選手が大会で獲得した賞金の不正流用やスタッフに金銭を要求した恐喝未遂容疑で監督を解任され、今年2月に退社。「岐阜トリッキーパンダース」に移籍した。

 すると今年4月、フクヒロも今井氏の後を追って再春館を退社した。2人はトリッキーパンダースへ移籍の際、文書で「引き抜きではなく押しかけ」「一歩上を行くには、彰宏さんのサポートが必要」と今井氏への信頼を示していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

もっと見る