「KANOの再来」と話題 金足農がアジア圏でも大人気のワケ

公開日:

 猫もしゃくしも金足農、金足農である。

 今夏の甲子園で秋田勢として103年ぶりに決勝戦に進出した金足農。多くの野球強豪校とは対照的に、ベンチ入りメンバー全員が地元出身というチーム構成が人気を博し、一躍お茶の間のスターに。いまやテレビで彼らの姿を見ない日はないといっていいだろう。ネットでは甲子園閉幕直後から、「金農ロス」なる言葉まで生まれた。

 吉田が代表メンバーに選出されたU18アジア選手権(9月3~9日、宮崎県)も、例年以上の注目を浴びている。8月28日に行われる大学日本代表との壮行試合のチケットは、24日の時点で完売だ。

 そんな金足フィーバーはアジア圏にも広がっている。中でも台湾での人気は高く、地元4大新聞の「蘋果日報」は、金足農が日大三(西東京)を破って決勝進出を決めた直後から、連日、大きく紙面を割いて報じているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る