• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「KANOの再来」と話題 金足農がアジア圏でも大人気のワケ

 猫もしゃくしも金足農、金足農である。

 今夏の甲子園で秋田勢として103年ぶりに決勝戦に進出した金足農。多くの野球強豪校とは対照的に、ベンチ入りメンバー全員が地元出身というチーム構成が人気を博し、一躍お茶の間のスターに。いまやテレビで彼らの姿を見ない日はないといっていいだろう。ネットでは甲子園閉幕直後から、「金農ロス」なる言葉まで生まれた。

 吉田が代表メンバーに選出されたU18アジア選手権(9月3~9日、宮崎県)も、例年以上の注目を浴びている。8月28日に行われる大学日本代表との壮行試合のチケットは、24日の時点で完売だ。

 そんな金足フィーバーはアジア圏にも広がっている。中でも台湾での人気は高く、地元4大新聞の「蘋果日報」は、金足農が日大三(西東京)を破って決勝進出を決めた直後から、連日、大きく紙面を割いて報じているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る