「KANOの再来」と話題 金足農がアジア圏でも大人気のワケ

公開日: 更新日:

 猫もしゃくしも金足農、金足農である。

 今夏の甲子園で秋田勢として103年ぶりに決勝戦に進出した金足農。多くの野球強豪校とは対照的に、ベンチ入りメンバー全員が地元出身というチーム構成が人気を博し、一躍お茶の間のスターに。いまやテレビで彼らの姿を見ない日はないといっていいだろう。ネットでは甲子園閉幕直後から、「金農ロス」なる言葉まで生まれた。

 吉田が代表メンバーに選出されたU18アジア選手権(9月3~9日、宮崎県)も、例年以上の注目を浴びている。8月28日に行われる大学日本代表との壮行試合のチケットは、24日の時点で完売だ。

 そんな金足フィーバーはアジア圏にも広がっている。中でも台湾での人気は高く、地元4大新聞の「蘋果日報」は、金足農が日大三(西東京)を破って決勝進出を決めた直後から、連日、大きく紙面を割いて報じているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る