3度目の実戦は50球 大谷の投手復帰は“見切り発車”が濃厚

公開日:

 右肘の故障で現在は打者に専念しているエンゼルス・大谷翔平(24)が27日(日本時間28日)、3度目の実戦形式の打撃練習に登板。マイナー選手を相手に50球を投げた。

 今回も含めた3度の登板は、いずれも報道陣に非公開で行われた。ソーシア監督は大谷が投げるたびに「すべて予定通りにきている」「内容は我々の満足するものだった」などと、順調な回復ぶりを強調しているが、実際には本調子には程遠い様子。ブルペンでの投球練習を見る限り、特に変化球の切れは故障前に比べると物足りない。大谷本人は完全復調には至ってないと認めた上で「大事なのは投球の強度」と、まずは球威の回復を優先している。

 現状、50球程度まで投げられるようになったものの、大谷のリハビリスケジュールで球数は重視されていない。通常、故障した先発投手の復帰の目安は100球とされているが、指揮官は「実戦マウンドで増やしていけばいい」と、試合ごとに球数を増やす方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る