エ軍も“奇策”使うか…大谷はリリーフで二刀流復帰の可能性

公開日:

 復帰後の二刀流起用にも影響しそうだ。

 先発陣に故障者が続出しているエンゼルスは28日(日本時間29日)のロッキーズ戦で、救援右腕のラミレスが先発。1イニングで交代し、その後は6投手をつぎ込んだ。

 今季は先発陣が手薄なチームが同様の投手起用をしており、5月にはレイズが救援投手を先発に立てる奇策を用いて話題を呼んだが、あくまでも苦肉の策だ。

 9月にはロースターが拡大されてマイナーから投手が昇格するとはいえ、台所事情は厳しいため、エンゼルスは今後も奇策を打つ可能性はある。

 そうなると、投手に復帰する大谷も例外ではない。ソーシア監督は大谷が9月中に投手として復帰すると断言しているものの、「先発起用」と明言しているわけではない。指揮官の狙いは、右肘の回復具合のチェックと、来季に向けたテストだ。一定の球数とイニング数さえ投げられれば、登板順は関係ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る