エ軍も“奇策”使うか…大谷はリリーフで二刀流復帰の可能性

公開日:

 復帰後の二刀流起用にも影響しそうだ。

 先発陣に故障者が続出しているエンゼルスは28日(日本時間29日)のロッキーズ戦で、救援右腕のラミレスが先発。1イニングで交代し、その後は6投手をつぎ込んだ。

 今季は先発陣が手薄なチームが同様の投手起用をしており、5月にはレイズが救援投手を先発に立てる奇策を用いて話題を呼んだが、あくまでも苦肉の策だ。

 9月にはロースターが拡大されてマイナーから投手が昇格するとはいえ、台所事情は厳しいため、エンゼルスは今後も奇策を打つ可能性はある。

 そうなると、投手に復帰する大谷も例外ではない。ソーシア監督は大谷が9月中に投手として復帰すると断言しているものの、「先発起用」と明言しているわけではない。指揮官の狙いは、右肘の回復具合のチェックと、来季に向けたテストだ。一定の球数とイニング数さえ投げられれば、登板順は関係ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る