都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

中古車業者に交じりオークションで格安ワンボックスを落札

公開日:

 16、17年シーズンを全国リーグのJFL(ジャパンフットボールリーグ)で戦った関東社会人リーグ1部ブリオベッカ浦安の都並敏史テクニカルディレクター(TD)兼守備コーチには、理想とするクラブが存在する。原点は5年前だ。モロッコで行われたクラブW杯。実況でカサブランカを訪れ、そこで目にした光景が忘れられない。街中ではだしの少年が目をキラキラさせながらサッカーに興じていた――。 (構成・六川亨=元サッカーダイジェスト編集長)

「理想とするのは、生え抜き選手を軸にブラジルのように遊び心のあるサッカーをやっているクラブです。それがモロッコのラジャ・カサブランカであり、小学生から所属していた読売クラブ(現東京ヴェルディ)。この5年、無給でチームと関わってきました。お金よりもロマンです。サッカー人生の締めくくりとして<理想>を追求したい! 浦安なら夢がかなえられると思ってチャレンジしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る