都並敏史
著者のコラム一覧
都並敏史ブリオベッカ浦安TD

1961年8月14日、東京・世田谷区生まれ。読売クラブ/東京V、福岡、平塚(現・湘南)でプレー。98年に現役引退。東京Vコーチ、仙台、C大阪、横浜FCで監督を歴任。現在は関東リーグ1部・浦安のテクニカルディレクター兼守備コーチ。日本代表Aマッチ78試合出場2得点。

「ブリオベッカ浦安は『第二の読売クラブ』です」

公開日: 更新日:

 千葉県浦安市を本拠地とする関東社会人リーグ1部ブリオベッカ浦安。2016年にアマチュア最高峰のJFL(日本フットボールリーグ)に昇格したが2シーズンで関東1部に降格した。今季はJ2讃岐元監督の羽中田昌氏を、ヘッドコーチにJ2栃木やJ3秋田でコーチを務めた鈴井智彦氏を迎えた。後半戦からTD(テクニカルディレクター)の元日本代表DF都並敏史氏が守備コーチを兼任。再起をかけて戦ったが2日のVONDS市原戦は2―3の惜敗。5位(6勝2分け7敗、勝ち点20)と中位に低迷している。9日の東京ユナイテッド戦、17日のジョイフル本田つくば戦のホーム2連戦に「全精力を注ぐ」と意気込む都並TDにJ入りを目指す地方クラブの現状を聞いた。 (構成・六川亨=元サッカーダイジェスト編集長)

 都並TDと浦安との関わりは、今から30年前までさかのぼる。中学時代からの親友で読売クラブ(現・東京V)ユースの同期だった元浦安監督の斎藤芳行氏(現U―18監督)からの誘いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  2. 2

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  3. 3

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  4. 4

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  5. 5

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  6. 6

    来季FA取得の燕・山田哲 球団はメジャー以上に巨人を警戒

  7. 7

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  8. 8

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  9. 9

    目的は生産性向上 教育にも入り込んだ新自由主義の危うさ

  10. 10

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る