今季契約切れも残留確実 阪神メッセがふっかける残留条件

公開日: 更新日:

■自分の立場は分かっている

 絶対的なエースは、今季で2年契約が切れる。本人は移籍する気はさらさらなく、来季は外国人枠を外れることから、全幅の信頼を置いている金本監督は「投手か野手の助っ人が1人取れる」と語っているという。

 問題は新たに結ぶ契約条件だ。在阪テレビの関係者が言う。

「メッセは先月37歳になった。近年はストレートの威力も落ちてきたが、藤浪がなかなか復活しない今、投手陣で計算が立つのは彼しかいない。メッセは若手に助言もするし、過去に複数年契約を結んだ時も決して手を抜かなかった。昨年は打球を受けて右足腓骨を骨折。手術を受けた後はリハビリに励み、わずか2カ月で戦列に復帰した。日本人以上にサムライ精神を持った選手です。一方で、阪神のチーム事情や自分がチームにとって欠くことのできない戦力であることはよく分かっている。今年の年俸が3億5000万円ですから、単年契約で5億円、2年契約なら出来高を含む総額10億円ぐらいの希望を持っていても不思議ではない」

 40ちょい前の投手にしては破格な金額でも、打てないロサリオに3億4000万円も払っているなら、そのぐらいのカネは出してもいいのでは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る