貧打阪神に“右”の打撃コーチ招へい案浮上も難航必至のワケ

公開日: 更新日:

「V逸のみならず、Aクラス入りさえも危うい状況。金本監督が来季も続投するという前提ですが、来季を見据えて、コーチのテコ入れが検討されています」

 阪神についてこう話すのは、さる球団OBだ。

 前年2位からの優勝を狙った金本阪神だが、今季は8月に入って最下位に転落するなど、大苦戦が続いている。

 リーグ最低の424得点にとどまる貧打が足を引っ張っている。4番候補として獲得したロサリオが失敗に終わったことを差し引いても、あまりにも打てなさ過ぎだ。

「飛躍が期待された大山、中谷といった右打者が軒並み伸び悩んでいる。そこで阪神は、金本監督の右腕である片岡ヘッド兼打撃コーチをヘッドに専念させ、昨年から不在が続いている右打者出身の打撃コーチを探しているというのです」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る