貧打阪神に“右”の打撃コーチ招へい案浮上も難航必至のワケ

公開日:  更新日:

「V逸のみならず、Aクラス入りさえも危うい状況。金本監督が来季も続投するという前提ですが、来季を見据えて、コーチのテコ入れが検討されています」

 阪神についてこう話すのは、さる球団OBだ。

 前年2位からの優勝を狙った金本阪神だが、今季は8月に入って最下位に転落するなど、大苦戦が続いている。

 リーグ最低の424得点にとどまる貧打が足を引っ張っている。4番候補として獲得したロサリオが失敗に終わったことを差し引いても、あまりにも打てなさ過ぎだ。

「飛躍が期待された大山、中谷といった右打者が軒並み伸び悩んでいる。そこで阪神は、金本監督の右腕である片岡ヘッド兼打撃コーチをヘッドに専念させ、昨年から不在が続いている右打者出身の打撃コーチを探しているというのです」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る