今季契約切れも残留確実 阪神メッセがふっかける残留条件

公開日: 更新日:

 日米通算100勝はまたもお預けとなった。

 4日の広島戦に先発した阪神のメッセンジャー(37)は、1点リードの八回にマウンドを藤川に譲った。すると藤川は松山に同点タイムリーを打たれて勝利投手の権利が消えた。チームは延長十二回にサヨナラ負けした。

 この試合でメッセが今季12勝目を挙げれば、日米通算100勝目となったが、8月29日のヤクルト戦に続きメモリアル勝利は持ち越しとなった。

 それにしても、頼りになる右腕だ。2010年に入団以来、2ケタ勝利が7度。13年から2年連続奪三振のタイトルを取り、14年は最多勝利も獲得。リーグ最多先発5度、同最多投球回数も3度。昨季までの通算防御率は2.98。前回登板では黒星を喫したものの、外国人投手では史上初となる8年連続で規定投球回に到達。この試合では1500投球回にも届いた。ちなみに、今季阪神で規定投球回に達している者も、2ケタ勝利もメッセしかいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る