今季契約切れも残留確実 阪神メッセがふっかける残留条件

公開日: 更新日:

 日米通算100勝はまたもお預けとなった。

 4日の広島戦に先発した阪神のメッセンジャー(37)は、1点リードの八回にマウンドを藤川に譲った。すると藤川は松山に同点タイムリーを打たれて勝利投手の権利が消えた。チームは延長十二回にサヨナラ負けした。

 この試合でメッセが今季12勝目を挙げれば、日米通算100勝目となったが、8月29日のヤクルト戦に続きメモリアル勝利は持ち越しとなった。

 それにしても、頼りになる右腕だ。2010年に入団以来、2ケタ勝利が7度。13年から2年連続奪三振のタイトルを取り、14年は最多勝利も獲得。リーグ最多先発5度、同最多投球回数も3度。昨季までの通算防御率は2.98。前回登板では黒星を喫したものの、外国人投手では史上初となる8年連続で規定投球回に到達。この試合では1500投球回にも届いた。ちなみに、今季阪神で規定投球回に達している者も、2ケタ勝利もメッセしかいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る