今季契約切れも残留確実 阪神メッセがふっかける残留条件

公開日: 更新日:

 日米通算100勝はまたもお預けとなった。

 4日の広島戦に先発した阪神のメッセンジャー(37)は、1点リードの八回にマウンドを藤川に譲った。すると藤川は松山に同点タイムリーを打たれて勝利投手の権利が消えた。チームは延長十二回にサヨナラ負けした。

 この試合でメッセが今季12勝目を挙げれば、日米通算100勝目となったが、8月29日のヤクルト戦に続きメモリアル勝利は持ち越しとなった。

 それにしても、頼りになる右腕だ。2010年に入団以来、2ケタ勝利が7度。13年から2年連続奪三振のタイトルを取り、14年は最多勝利も獲得。リーグ最多先発5度、同最多投球回数も3度。昨季までの通算防御率は2.98。前回登板では黒星を喫したものの、外国人投手では史上初となる8年連続で規定投球回に到達。この試合では1500投球回にも届いた。ちなみに、今季阪神で規定投球回に達している者も、2ケタ勝利もメッセしかいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る