• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

星野氏とは決定的な差…阪神金本監督に欠ける“経営者感覚”

 阪神は残り31試合(3日現在)で借金7の4位。チームが低迷すればファンの足は球場から遠のくもの。昨年は7年ぶりに300万人を突破したものの、現在の主催56試合の観客数は233万5530人。このまま低迷が続けば今季は290万人にも届かないことを球団は懸念しているという。

 金本監督が客の入りをどこまで気にしているかは定かではないが、かつては球団経営にも尽力した監督がいた。今年1月に亡くなった星野仙一元監督(享年70)だ。

 2001年限りで中日を退団すると、即座に低迷が続く阪神の監督に就任。2年目の03年にダメ虎を18年ぶりの優勝に導いただけの指揮官ではなかった。

 政財界に顔が利く星野氏は、当時の奥田碩トヨタ自動車会長に直訴して甲子園に広告を出してもらった。三塁側のオレンジシート(当時)を指して「あそこがガラガラだとジャイアンツカラーが見える」と言い、「でも、三塁側からだと阪神ベンチの中がよく見える」と記者団に語り、その記事を見た阪神ファンが三塁側スタンドも埋めた。女性ファンを増やそうと甲子園の女性用トイレを増設したのも星野監督の発案だといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る