星野氏とは決定的な差…阪神金本監督に欠ける“経営者感覚”

公開日:  更新日:

 阪神は残り31試合(3日現在)で借金7の4位。チームが低迷すればファンの足は球場から遠のくもの。昨年は7年ぶりに300万人を突破したものの、現在の主催56試合の観客数は233万5530人。このまま低迷が続けば今季は290万人にも届かないことを球団は懸念しているという。

 金本監督が客の入りをどこまで気にしているかは定かではないが、かつては球団経営にも尽力した監督がいた。今年1月に亡くなった星野仙一元監督(享年70)だ。

 2001年限りで中日を退団すると、即座に低迷が続く阪神の監督に就任。2年目の03年にダメ虎を18年ぶりの優勝に導いただけの指揮官ではなかった。

 政財界に顔が利く星野氏は、当時の奥田碩トヨタ自動車会長に直訴して甲子園に広告を出してもらった。三塁側のオレンジシート(当時)を指して「あそこがガラガラだとジャイアンツカラーが見える」と言い、「でも、三塁側からだと阪神ベンチの中がよく見える」と記者団に語り、その記事を見た阪神ファンが三塁側スタンドも埋めた。女性ファンを増やそうと甲子園の女性用トイレを増設したのも星野監督の発案だといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る