9月場所は背水の陣 稀勢の里“現役続行”のボーダーラインは

公開日:

 引退か復活か――。

 来る9月場所(9日初日)に向け、稽古のペースを上げている横綱稀勢の里(32)。3日は二所ノ関一門の連合稽古で小結の玉鷲を三番稽古で圧倒した。2日には出稽古に赴いた阿武松部屋で、阿武咲に10勝3敗と力を見せつけた。

 稀勢の里は、「次に出る場所で覚悟を決める」と明言している。成績次第では引退も濃厚。では、その「覚悟を決める」基準となるのは何か。

 ある親方は「もちろん、皆勤して勝ち越せば現役続行に決まっている」と、こう続ける。

「前半戦を何敗で乗り切れるかがカギでしょう。仮に初日から3連敗や4連敗でもしようものなら、その時点で心が折れ、途中休場からの引退会見は避けられない。皆勤しても負け越した場合ですが、そうなると本人は引退する気でも、内容次第では横綱審議委員会や協会が慰留する可能性が高い。慰留されたら、稀勢の里自身も『はい、わかりました』と引退を撤回するでしょうね。いずれにせよ、勝ち星と同じくらい、内容が重視される場所になりますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る