問題は打線…吉田輝星に責任負わせる首脳陣と高野連の姑息

公開日: 更新日:

 甲子園と地方大会で計1517球を投じた吉田の起用は、首脳陣と高野連の話し合いで決められているという。

 合宿がスタートすると、吉田だけにトレーナーつきっきりで別メニュー調整をさせた。そうやって慎重に扱っているように見えて、実際は逆。とくに台湾戦での起用は酷使以外の何物でもない。

 永田監督はこの日、「毎日のように投げたいと言っている。抑えてあげるのもこっちの役割」と話したものの、大事に扱ってますよという「アリバイづくり」をしているとしか思えないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る