T・クロンパが初優勝 日本ツアーを目指すタイ人プロ急増も

公開日:  更新日:

 【ISPSハンダ マッチプレー選手権】

 最終日は決勝で日本ツアー5年目のT・クロンパ(28=タイ)が2アンド1で今平周吾(25)を下してツアー初優勝。3位決定戦はR・ワナスリチャン(23=タイ)が2アップで池田勇太(32)を破った。クロンパは2014年から日本ツアーに参戦し、4年連続で賞金シードをキープしている。

「これから日本ツアーにタイ人プロが大挙して押し寄せるでしょう」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

「クロンパはゼロからゴルフを始めたと言ってましたが、決して恵まれているとはいえない練習環境の中で腕を磨いてきた。その時点で日本人選手とはハングリーさが違う。シニアで活躍するP・マークセンに面倒を見てもらったように、これからは自分が来日する後輩の面倒を見ていく責任感があると語っていた。マークセンはシニアで3年連続賞金王が間違いなく、クロンパが優勝賞金5200万円も手にできるのならと、タイの若手プロが目の色を変えて日本ツアーを目指してくるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る