復調著しい松山英樹 それでも消えないPO最終戦への不安

公開日: 更新日:

【BMW選手権】

 フェデックスランク70位までが出場するプレーオフ第3戦。大会2日目の松山英樹(26)は4アンダー12位タイ発進から、7バーディー、1ボギーの64で回り、首位と3打差の通算10アンダー3位に浮上した。

 現在、フェデックスランク28位につけており、同30位までが出場できるプレーオフ最終戦となるツアー選手権の5年連続進出もほぼ間違いない状況だ。今季は春先に左手親指付け根を痛めてツアーを長期離脱するなど未勝利に終わっているが、ここにきて調子を上げている。

 プレーオフ初戦のノーザントラストは15位。2戦目デル・テクノロジーズ選手権では4位と久々に今季3度目のトップ5入り。エースキャディー進藤大典氏とのコンビが復活してから成績がよくなっている。

「松山は勝てなかったことで、これまでと違うさまざまな取り組みにチャレンジしている。クラブ選びから練習方法、ルーティン、試合日程などもそうですが、エースキャディーがスコティッシュオープンからメジャー2試合を含む5試合連続でバッグを担がなかったのも初めてです。2人は1カ月以上も一緒に行動していない。もちろん進藤氏がダメというのではなく、距離を置いたことでかえって進藤氏の信頼感を高めているようです」(米ゴルフ記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

もっと見る