復調著しい松山英樹 それでも消えないPO最終戦への不安

公開日: 更新日:

【BMW選手権】

 フェデックスランク70位までが出場するプレーオフ第3戦。大会2日目の松山英樹(26)は4アンダー12位タイ発進から、7バーディー、1ボギーの64で回り、首位と3打差の通算10アンダー3位に浮上した。

 現在、フェデックスランク28位につけており、同30位までが出場できるプレーオフ最終戦となるツアー選手権の5年連続進出もほぼ間違いない状況だ。今季は春先に左手親指付け根を痛めてツアーを長期離脱するなど未勝利に終わっているが、ここにきて調子を上げている。

 プレーオフ初戦のノーザントラストは15位。2戦目デル・テクノロジーズ選手権では4位と久々に今季3度目のトップ5入り。エースキャディー進藤大典氏とのコンビが復活してから成績がよくなっている。

「松山は勝てなかったことで、これまでと違うさまざまな取り組みにチャレンジしている。クラブ選びから練習方法、ルーティン、試合日程などもそうですが、エースキャディーがスコティッシュオープンからメジャー2試合を含む5試合連続でバッグを担がなかったのも初めてです。2人は1カ月以上も一緒に行動していない。もちろん進藤氏がダメというのではなく、距離を置いたことでかえって進藤氏の信頼感を高めているようです」(米ゴルフ記者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質