腰高相撲で3連勝も…稀勢の里は千秋楽前に“ガス欠”の恐れ

公開日: 更新日:

「稀勢の里は腰が高い。だから連日、上から押し潰すような相撲になってしまっている。腰高だと、まわしを深く取れないし、腹が邪魔になって相手を引きつけきれない。相手を腹の上に乗せるようにしなければいけない。もっと低く低く行かないといけないんだが……」

 この日は右上手を取りながら、あっさり切られる始末。安定感はゼロに等しい。

■ギリギリの勝負が続けば…

 メンタル面も懸念材料だ。ただでさえ8場所連続休場明けの場所で、2日連続ギリギリの勝負。こんな相撲が今後も続くようなら、精神がすり減りかねない。

「紙一重の勝負をこなすことで、成長することもあるでしょう。しかし、それも15日間取り切ればの話。今の稀勢の里は負け越しイコール引退、という状況で、精神的な成長など悠長なことを言っている場合じゃない。もともとメンタル面には不安のある力士。こんな相撲ばかりでは、集中力を切らしてポカをするのも時間の問題ではないか」(ある親方)

 集中力が切れると、腰高の相撲になりやすいのが稀勢の里。支度部屋では相変わらず、「しっかり集中してやる」と繰り返したが、すでにそのメンタルはボロボロかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る