初日はカモ相手 崖っぷち稀勢の里の去就は勢との勝敗次第

公開日:

 泣いても笑ってもここが正念場だ。

 9日に初日を迎える大相撲9月場所。8場所連続休場明けとあって、成績次第では進退を決めざるを得ない横綱稀勢の里(32)の初日の相手は、東前頭筆頭の勢(31)となった。

 対戦成績は横綱の15勝1敗。カモと言ってもいい相手だが、最後の対戦となった昨年7月場所は逆転負けを喫している。左を差して追い詰めたものの、小手で振られ、土俵下に投げ捨てられた。この取組で左足首を負傷し、翌日から休場となった。

 ある親方は「それでも勢は安パイですよ」と、こう続ける。

「当時、稀勢の里は左上半身のケガが癒えず、絶不調の時期。体重も180キロを超えて動きが鈍く、粘り腰もなかった。現在は当時より10キロ近く減量し、176キロ。稀勢の里は左四つ、勢は右四つのけんか四つです。落ち着いて左を差せば、怖い相手ではない。むしろ、勢の方が苦手意識を持っているので、差し手争いも有利に働くでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る