初日はカモ相手 崖っぷち稀勢の里の去就は勢との勝敗次第

公開日: 更新日:

 泣いても笑ってもここが正念場だ。

 9日に初日を迎える大相撲9月場所。8場所連続休場明けとあって、成績次第では進退を決めざるを得ない横綱稀勢の里(32)の初日の相手は、東前頭筆頭の勢(31)となった。

 対戦成績は横綱の15勝1敗。カモと言ってもいい相手だが、最後の対戦となった昨年7月場所は逆転負けを喫している。左を差して追い詰めたものの、小手で振られ、土俵下に投げ捨てられた。この取組で左足首を負傷し、翌日から休場となった。

 ある親方は「それでも勢は安パイですよ」と、こう続ける。

「当時、稀勢の里は左上半身のケガが癒えず、絶不調の時期。体重も180キロを超えて動きが鈍く、粘り腰もなかった。現在は当時より10キロ近く減量し、176キロ。稀勢の里は左四つ、勢は右四つのけんか四つです。落ち着いて左を差せば、怖い相手ではない。むしろ、勢の方が苦手意識を持っているので、差し手争いも有利に働くでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る