大坂なおみラケット 「市販品」でメーカー“お詫び”は正解

公開日: 更新日:

 祝賀ムードに水を差す一件だ。

 ヨネックスは14日、全米オープンで優勝した大坂なおみが使用しているラケットについて、「ほぼ市販品」とした説明が事実と相違していたとしてお詫びし、訂正した。

 マスコミ各社に送った文書には、大坂と契約を締結した14年から使用しているラケットは、大坂の要望に応じ、フレーム重量平均312グラム、バランスポイント308ミリにした。この数値は販売している商品との差がともに約2%だったことから「ほぼ市販品」と答えていたそうだが、「同選手の要望に合わせて調整を施しており、結果、現在販売している商品とはラケットの形状やグロメットも厳密には異なっております」と、市販品と100%同じではないとした。

 ちなみに、ガットは市販品と同一だということだが、そもそも世界で戦うプロが市販品のラケットでプレーしているはずがない。選手の個々の要望に合わせて手を加えるのは当たり前だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  3. 3

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  4. 4

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  5. 5

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る