日本人初GS制覇へあと1勝 大坂なおみを待つ“見えない敵”

公開日: 更新日:

 全米オープンテニスの決勝にコマを進めた大坂なおみ(20=第20シード)。4大大会で日本女子史上初の決勝進出だ。相手は元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)。セリーナはツアー通算95勝を挙げ、4大大会個人23勝(ダブルス14勝)を誇る強敵だが、今月26日には37歳になる。昨年9月には女児を出産し、全盛期のパワーとスピードはない。「大坂にも勝算はありますが……」と、テニスジャーナリストの塚越亘氏がこう続ける。

「20歳から30代前半の全盛期のセリーナなら勝つことは難しかったが、今は絶対に倒せない相手ではない。冷静に実力を比較しても、今は大坂の方が力は上かもしれない。しかし、4大大会の決勝というのは、目の前の相手だけが敵ではない。4大大会決勝の重圧は、通常の大会とは比較にならない。観客はほとんどセリーナの応援団となる。しかも、相手は小さい頃から大坂の憧れだった選手です。錦織にとってのフェデラーもそうだが、憧れの選手と戦うときはいつもとは違う感情が出て、それがプレーに影響するもの。大坂は3月のマイアミ・オープン1回戦でセリーナにストレート勝ちしているが、あの時は出産休養からの復帰2戦目で凡ミスが多かった。メンタルの差もある。大坂は素直で気持ちがやさしい。セリーナは大舞台の経験が豊富で勝負への執念は誰にも負けない。あっさりストレート勝ちした準決勝のようにはいかないでしょう。大坂が勝つにしろ、負けるにしろ、見逃せない試合です」

 セリーナは「(マイアミの時は)娘に母乳をあげていた。今とは状況が全く違う」とリベンジに燃えている。元世界女王はママになってもやっぱり手ごわそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る