日本人初GS制覇へあと1勝 大坂なおみを待つ“見えない敵”

公開日:  更新日:

 全米オープンテニスの決勝にコマを進めた大坂なおみ(20=第20シード)。4大大会で日本女子史上初の決勝進出だ。相手は元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)。セリーナはツアー通算95勝を挙げ、4大大会個人23勝(ダブルス14勝)を誇る強敵だが、今月26日には37歳になる。昨年9月には女児を出産し、全盛期のパワーとスピードはない。「大坂にも勝算はありますが……」と、テニスジャーナリストの塚越亘氏がこう続ける。

「20歳から30代前半の全盛期のセリーナなら勝つことは難しかったが、今は絶対に倒せない相手ではない。冷静に実力を比較しても、今は大坂の方が力は上かもしれない。しかし、4大大会の決勝というのは、目の前の相手だけが敵ではない。4大大会決勝の重圧は、通常の大会とは比較にならない。観客はほとんどセリーナの応援団となる。しかも、相手は小さい頃から大坂の憧れだった選手です。錦織にとってのフェデラーもそうだが、憧れの選手と戦うときはいつもとは違う感情が出て、それがプレーに影響するもの。大坂は3月のマイアミ・オープン1回戦でセリーナにストレート勝ちしているが、あの時は出産休養からの復帰2戦目で凡ミスが多かった。メンタルの差もある。大坂は素直で気持ちがやさしい。セリーナは大舞台の経験が豊富で勝負への執念は誰にも負けない。あっさりストレート勝ちした準決勝のようにはいかないでしょう。大坂が勝つにしろ、負けるにしろ、見逃せない試合です」

 セリーナは「(マイアミの時は)娘に母乳をあげていた。今とは状況が全く違う」とリベンジに燃えている。元世界女王はママになってもやっぱり手ごわそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る