観客動員2%減で球団懸念…阪神・金本監督の“冷たい首筋”

公開日: 更新日:

 14日にセ・パ両リーグが発表した12球団の観客動員(13日現在)。阪神は1試合平均が4万1502人で12球団トップに立った。

 球団はホクホクかと思いきや、一部には懸念の声がある。ライバル5球団が揃って数字を増やす中で、阪神だけは前年比でマイナス2・1%、1試合平均で約900人減っているからだ。

 近畿地方を襲った地震や豪雨の影響もあるにせよ、今季は優勝争いから早々に離脱。ヤクルト巨人などとAクラス争いをしているものの、球団は14日のヤクルト戦に敗れるなど、甲子園で19勝32敗1分けと大きく負け越していることを問題視しているという。

 本拠地で勝たないことには客足の伸びは期待できない。甲子園では残り9試合。Aクラス争いから離脱すれば、さらなる観客減を招きかねない。

 ファン離れが顕著になれば、金本政権へ大きな逆風が吹くだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る