赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

公開日: 更新日:

「こうなったら、大山を4番に固定してもいい」

 こう言うのは、阪神OBの評論家・福間納氏。

 阪神は17日のDeNA戦に敗れ、再び最下位に転落。優勝はなくなり、CS争いでも後退する中で福間氏は、一昨年の「ドラ1」である大山悠輔(23)に期待を寄せる。

 16日の同戦では6打数6安打3本塁打の大爆発。この日も第1打席に10号ソロを放つと、3打席目には二塁打。ここにきて覚醒の兆しを見せている。前出の福間氏が続ける。

「助っ人のロサリオが打てず、41歳の福留も年間通してのプレーは難しい。糸井もいるとはいえ、ライバルの巨人が生え抜きの4番打者を育てていますからね。実際、大山の打撃には成長がみられる。春先はボールをインパクトするときに軸となる右足が浮いて力が伝わらなかったが、引っ張りにかかった時にその癖がなくなった。本格化に近づきつつあると思う。浜風が吹く甲子園では、右打者は有利。現役時代の掛布雅之のように感情を表に出さずに淡々としている姿にも魅力がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る