赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

公開日:

「こうなったら、大山を4番に固定してもいい」

 こう言うのは、阪神OBの評論家・福間納氏。

 阪神は17日のDeNA戦に敗れ、再び最下位に転落。優勝はなくなり、CS争いでも後退する中で福間氏は、一昨年の「ドラ1」である大山悠輔(23)に期待を寄せる。

 16日の同戦では6打数6安打3本塁打の大爆発。この日も第1打席に10号ソロを放つと、3打席目には二塁打。ここにきて覚醒の兆しを見せている。前出の福間氏が続ける。

「助っ人のロサリオが打てず、41歳の福留も年間通してのプレーは難しい。糸井もいるとはいえ、ライバルの巨人が生え抜きの4番打者を育てていますからね。実際、大山の打撃には成長がみられる。春先はボールをインパクトするときに軸となる右足が浮いて力が伝わらなかったが、引っ張りにかかった時にその癖がなくなった。本格化に近づきつつあると思う。浜風が吹く甲子園では、右打者は有利。現役時代の掛布雅之のように感情を表に出さずに淡々としている姿にも魅力がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る