10年ぶりVで年俸増は確実 西武がCS本拠地開催で弾くソロバン

公開日: 更新日:

 ギリギリの辛勝が理想だが、果たして……。

 西武は今季、2008年以来となるリーグ優勝を達成。11月23日には所沢駅周辺で祝賀パレードを行うことも、16日に発表された。しかし、浮かれてばかりもいられない。10年ぶりの優勝ともなれば、契約更改で札束を山と積み上げなくてはならないからだ。

 今のところは“タラレバ”だが、金庫に余裕がないわけではない。移籍濃厚といわれる菊池がポスティングを行使すれば、上限額の20億円が入ってくるのは確実だ。その一方で、今季初めてFA権を取得した浅村の残留交渉が控えている。浅村の今季年俸は2億1000万円。FA宣言すれば、争奪戦は必至。巨人阪神ソフトバンクといった金満球団が参戦となれば、3年10億円や4年12億円といった額になることが予想される。菊池が残す資金をまるまる使えるわけではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る