10年ぶりVで年俸増は確実 西武がCS本拠地開催で弾くソロバン

公開日:  更新日:

 ギリギリの辛勝が理想だが、果たして……。

 西武は今季、2008年以来となるリーグ優勝を達成。11月23日には所沢駅周辺で祝賀パレードを行うことも、16日に発表された。しかし、浮かれてばかりもいられない。10年ぶりの優勝ともなれば、契約更改で札束を山と積み上げなくてはならないからだ。

 今のところは“タラレバ”だが、金庫に余裕がないわけではない。移籍濃厚といわれる菊池がポスティングを行使すれば、上限額の20億円が入ってくるのは確実だ。その一方で、今季初めてFA権を取得した浅村の残留交渉が控えている。浅村の今季年俸は2億1000万円。FA宣言すれば、争奪戦は必至。巨人、阪神、ソフトバンクといった金満球団が参戦となれば、3年10億円や4年12億円といった額になることが予想される。菊池が残す資金をまるまる使えるわけではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る