10年ぶりVで年俸増は確実 西武がCS本拠地開催で弾くソロバン

公開日: 更新日:

 ギリギリの辛勝が理想だが、果たして……。

 西武は今季、2008年以来となるリーグ優勝を達成。11月23日には所沢駅周辺で祝賀パレードを行うことも、16日に発表された。しかし、浮かれてばかりもいられない。10年ぶりの優勝ともなれば、契約更改で札束を山と積み上げなくてはならないからだ。

 今のところは“タラレバ”だが、金庫に余裕がないわけではない。移籍濃厚といわれる菊池がポスティングを行使すれば、上限額の20億円が入ってくるのは確実だ。その一方で、今季初めてFA権を取得した浅村の残留交渉が控えている。浅村の今季年俸は2億1000万円。FA宣言すれば、争奪戦は必至。巨人、阪神、ソフトバンクといった金満球団が参戦となれば、3年10億円や4年12億円といった額になることが予想される。菊池が残す資金をまるまる使えるわけではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る