吉田輝星1位は2球団程度か “特A”不足で各球団リスク回避も

公開日:

 今夏の甲子園準優勝投手で金足農(秋田)の152キロ右腕・吉田輝星(18)が10日、秋田市内の同校で会見に臨み、プロ志望を表明。「プロの世界に入れるのであれば、チームは関係なく、どの球団に行っても努力していきたい」と12球団OKの姿勢を示したが、最終的に何球団が吉田を1位指名するか。

 あるパ球団のスカウトは「今年の特Aランクの7人の中に入っている」と、こう続ける。

「ただし、高校生である吉田は即戦力という位置づけではない。1位指名する球団は投手が欲しくて、なおかつ人気や話題性を重視し、一軍投手陣に比較的余裕がある球団になってくるだろう」

 複数のスカウトの話を総合すると、現時点では「2球団程度ではないか」との声が多い。

「1位はバラけるでしょう。特A選手が12人に満たないため、クジを外した場合のリスクが大きいからです。野手が欲しいところは根尾昂、藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗にいく。投手優先の球団は東洋大の3投手(甲斐野央、梅津晃大、上茶谷大河)か吉田という構図。ここに、松本航(日体大)が割って入ってくるかどうか」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る