広島は黄金時代へ 前編成グループ長が明かすドラフト秘話

公開日: 更新日:

 広島が26日、球団史上初のリーグ3連覇を達成した。いよいよ黄金時代に突入した広島の強さの秘密は「チーム編成」にある。過去に一度もFA補強をせず、ドラフトで指名した生え抜きの選手たちが躍動する。2008年から17年まで編成グループ長として選手獲得に尽力した川端順氏(58)がドラフトによる補強の裏側を語った。

■「エースで4番」を探す理由

 チームづくりとは「5年先」にどうなっているかを常に考えること。その選手の5年先、チームの5年先という意味もあります。ドラフト1位指名は投手中心。2、3位からセンターラインの選手を中心に、という基本方針があります。センターラインの投手、遊撃手、二塁手などは、センスのある選手が多く、プロ入り後に転向もできます。

 高校時代(二松学舎大付)、エースで4番だった(鈴木)誠也は、ショートに挑戦してから外野へ転向しましたが、逆の「外野手を内野手にするのはやめよう」という方針はありました。広島は松田オーナーから鈴木常務、我々と指示系統が一本化されている。他球団のように二重、三重に道がないところが強みです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る