釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

パナマ戦3-0の完勝劇だったのにスカッとしないのはナゼだ

公開日:

 森保ジャパンが、ロシアW杯に出場したパナマに3―0で完勝した。

 ザルツブルクMF南野が先制弾を決め、国内組の柏MF伊東が2点目を、追加招集の磐田FW川又が3点目を奪った。海外組と国内組が、それぞれ目に見える形で結果を出してくれた。しかし――。

 どうにもこうにもスカッとしないのはナゼか? 今の日本代表は、欧州でプレーしている「ロシアW杯出場組・ロシア落選組」と「国内組」の混成チームである。長らく代表主軸を担ってきたフランクフルトMF長谷部とメルボルンMF本田が代表引退を表明。森保監督は世代交代を進めようとしている。そうなるとチーム内で<熾烈なポジション争い>が繰り広げられなければならない。

 端的に言うと「代表4試合のMF南野とポルティモネンセMF中島、1試合のフローニンゲンMF堂安とシントトロイデンDF冨安ら代表歴の少ない選手」がポジションを奪取しようと目の色を変え、「110試合のガラタサライDF長友、37試合のハノーバーMF原口、34試合のブレーメンFW大迫」らが地位を堅持しようと経験値の高さを見せつける――というチーム内での厳しいせめぎ合いが、ほとんど見られなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る