西武・菊池雄星が日本以上にメジャーで活躍できる根拠

公開日: 更新日:

 17日のソフトバンク戦で5回6失点と打ち込まれた菊池雄星の投球を、ネット裏のスカウトはどう見ただろうか。

 わたしは米国にいて直接、見ることはできなかったが、当日はヤンキース、レッドソックス、ドジャース、ジャイアンツ、フィリーズなどがチェックしていたという。この日の投球によって彼らが菊池に対する評価を下げたとしたら、こんなにラッキーなことはない。

 そもそも今季は良かったり悪かったりの繰り返し。投球内容にはムラがあった。ただ、我々が評価するのは、その潜在能力だ。左腕から160キロ近い速球を繰り出し、キレのよいスライダーを操る投手は、メジャーにもそうはいない。

 視察に訪れているメジャー球団のスカウトも菊池のポテンシャルを高く評価しているに違いないが、わたしが彼を買っているのはその潜在能力が米国で開花する、つまり日本よりメジャーの方が活躍できると思っているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る