吉田輝星なぜか“人気薄”も…投手No.1の高評価は変わらず

公開日: 更新日:

 元横浜高校野球部長の小倉清一郎氏は、日刊ゲンダイの連載「鬼の秘伝書」で、吉田のスタミナに注目している。

「県大会5試合で636球、甲子園6試合で881球を投げ、投球数は計1517球だった。(中略)スタミナといえば、春夏連覇を達成した教え子の松坂(現中日)を思い出す。1998年夏、PL学園との準々決勝で、延長十七回を完投。無尽蔵のスタミナを誇ると思われがちだが、翌日の明徳義塾との準決勝は先発を回避した。スタミナ面では吉田の方が上である」

 さらに小倉氏は「松坂は牽制やフィールディングなど投球以外のレベルも高かったが、吉田もかなり鍛えられていた。総合力でも松坂級」と、続けている。

 怪物級の素材を獲得する球団はどこになるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

  10. 10

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る