吉田輝星なぜか“人気薄”も…投手No.1の高評価は変わらず

公開日: 更新日:

 すっかり影が薄くなってしまった甲子園のヒーローといえば、吉田輝星(金足農)だろう。

 複数球団の競合どころか、西武の一本釣り、あるいは外れ1位じゃないか――と言われている。少なくとも、ドラフト前日の24日の時点で、吉田の1位指名を公言した球団はない。

 だからといって、吉田の実力に疑問符がついたわけではない。

 在京球団のスカウトは「大学生、社会人の即戦力候補を含めて、今年のナンバーワン投手です」と、こう続ける。

「MAX152キロの直球はもとより、吉田の武器は打者の手元で伸びるキレのよいストレート。さらにスライダーやチェンジアップをはじめとした数種類の変化球の精度も申し分ない。甲子園では制球に苦しんだ印象があるが、普段はもっとまとまっている。フォームが安定しているので、ボールがバラけないのも魅力。フィールディングにも長けており、プロでもすぐに順応できるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る