吉田輝星なぜか“人気薄”も…投手No.1の高評価は変わらず

公開日: 更新日:

 すっかり影が薄くなってしまった甲子園のヒーローといえば、吉田輝星(金足農)だろう。

 複数球団の競合どころか、西武の一本釣り、あるいは外れ1位じゃないか――と言われている。少なくとも、ドラフト前日の24日の時点で、吉田の1位指名を公言した球団はない。

 だからといって、吉田の実力に疑問符がついたわけではない。

 在京球団のスカウトは「大学生、社会人の即戦力候補を含めて、今年のナンバーワン投手です」と、こう続ける。

「MAX152キロの直球はもとより、吉田の武器は打者の手元で伸びるキレのよいストレート。さらにスライダーやチェンジアップをはじめとした数種類の変化球の精度も申し分ない。甲子園では制球に苦しんだ印象があるが、普段はもっとまとまっている。フォームが安定しているので、ボールがバラけないのも魅力。フィールディングにも長けており、プロでもすぐに順応できるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る