巨人が根尾で楽天は野手 前日1位公表は吉田輝星への“謝罪”

公開日: 更新日:

 巨人が24日、大阪桐蔭・根尾を1位指名することを公表した。スカウト会議後、長谷川スカウト部長は「1位は根尾でいきます。(原)監督も含めて映像を全員で確認していただいて、明日はどんなことがあっても根尾でいくと決めました」と明言した。

 前日23日には楽天の石井GMが「(1位候補は)野手3人。根尾を含めて」と明かしている。これは東北のスター候補として期待される金足農・吉田の指名を見送ると宣言したのと一緒。それは巨人も同じである。

 夏の甲子園で準優勝し、フィーバーを巻き起こした吉田は「巨人が好き。巨人に行きたい」と発言し、話題になった。

「地元東北の楽天が2日前、巨人が1日前に『いかない』と宣言したのは、吉田に対し、両球団が『1位で指名できなくて申し訳ない』と謝罪する意味合いが強い。巨人も楽天も一時は気があるそぶりを見せただけに、ドラフト当日のドラマチックな舞台で吉田にいかないとなると、『何で指名しないんだ』と地元の楽天や、本人が行きたいという巨人ファンの怒りが爆発しかねない。ましてや、吉田は大学かプロかギリギリまで悩んだ末にプロ入りを選択した。実力があるわけだし、本人の意思に報いてやるべきと思っているファンは多い。それだけに、事前に根尾指名を公表して、少しでも怒りを抑えようということでしょう」(球界関係者)

 巨人にも楽天にもそれなりの事情はあるだろうが、結果として人気、知名度で群を抜く吉田をソデにする反動は気になるところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る