巨人が根尾で楽天は野手 前日1位公表は吉田輝星への“謝罪”

公開日: 更新日:

 巨人が24日、大阪桐蔭・根尾を1位指名することを公表した。スカウト会議後、長谷川スカウト部長は「1位は根尾でいきます。(原)監督も含めて映像を全員で確認していただいて、明日はどんなことがあっても根尾でいくと決めました」と明言した。

 前日23日には楽天の石井GMが「(1位候補は)野手3人。根尾を含めて」と明かしている。これは東北のスター候補として期待される金足農・吉田の指名を見送ると宣言したのと一緒。それは巨人も同じである。

 夏の甲子園で準優勝し、フィーバーを巻き起こした吉田は「巨人が好き。巨人に行きたい」と発言し、話題になった。

「地元東北の楽天が2日前、巨人が1日前に『いかない』と宣言したのは、吉田に対し、両球団が『1位で指名できなくて申し訳ない』と謝罪する意味合いが強い。巨人も楽天も一時は気があるそぶりを見せただけに、ドラフト当日のドラマチックな舞台で吉田にいかないとなると、『何で指名しないんだ』と地元の楽天や、本人が行きたいという巨人ファンの怒りが爆発しかねない。ましてや、吉田は大学かプロかギリギリまで悩んだ末にプロ入りを選択した。実力があるわけだし、本人の意思に報いてやるべきと思っているファンは多い。それだけに、事前に根尾指名を公表して、少しでも怒りを抑えようということでしょう」(球界関係者)

 巨人にも楽天にもそれなりの事情はあるだろうが、結果として人気、知名度で群を抜く吉田をソデにする反動は気になるところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る