切り札は大谷翔平 エンゼルスが本拠地移転へ球場契約破棄

公開日: 更新日:

 全米各地で二刀流争奪戦が展開されるという。

 大谷翔平(24)が所属するエンゼルスの本拠地招致に多くの都市が手を挙げるとみられているからだ。

 すでに球団は、カリフォルニア州アナハイム市が所有する本拠地「エンゼルスタジアム」のリース契約を破棄すると発表。2019年は同球場を使用するが、20年以降は本拠地移転の計画もあるという。

 1966年開場の同球場はメジャーで4番目に古く、至る所に老朽化が目立つ。球団は自治体に対し、新球場建設を求めており、ジョン・カービノ球団社長は「将来のファンも含め、最高のサービスを提供するためにあらゆる選択肢を探ることは重要だ」とし、20年の本拠地移転を示唆した。

 球団がエンゼルスタジアムからの移転をほのめかしたのは、アナハイム市よりも好条件で誘致に乗り出す都市が少なくないと踏んだからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る