切り札は大谷翔平 エンゼルスが本拠地移転へ球場契約破棄

公開日: 更新日:

 全米各地で二刀流争奪戦が展開されるという。

 大谷翔平(24)が所属するエンゼルスの本拠地招致に多くの都市が手を挙げるとみられているからだ。

 すでに球団は、カリフォルニア州アナハイム市が所有する本拠地「エンゼルスタジアム」のリース契約を破棄すると発表。2019年は同球場を使用するが、20年以降は本拠地移転の計画もあるという。

 1966年開場の同球場はメジャーで4番目に古く、至る所に老朽化が目立つ。球団は自治体に対し、新球場建設を求めており、ジョン・カービノ球団社長は「将来のファンも含め、最高のサービスを提供するためにあらゆる選択肢を探ることは重要だ」とし、20年の本拠地移転を示唆した。

 球団がエンゼルスタジアムからの移転をほのめかしたのは、アナハイム市よりも好条件で誘致に乗り出す都市が少なくないと踏んだからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る