成田美寿々が3勝目も…今のままでは東京五輪に出られない

公開日:

【富士通レディース】

 道のりは果てしなく遠い。

 6位からスタートした地元出身の成田美寿々(26)が、6バーディー、2ボギーの68で回り、通算8アンダーで今季3勝目(ツアー通算11勝目)を挙げた。

 18番グリーン上でのインタビューでは「2020年東京五輪に向けて精進していきます」とキッパリ。「東京五輪に出たい」というのは成田の口癖だが、国内でナンボ勝っても五輪の舞台に立つことはできない。

 2年後の東京五輪の女子ゴルフ(埼玉・霞ケ関CC、8月5日開幕)の代表は原則1カ国2人。今年の7月8日~20年6月29日までの期間でロレックスランキングを基に算出。上位15位に入れば各国最大4人まで出場できる。 

 このポイントは日本より米女子ツアーの方が高い。例えば、畑岡奈紗(19=先週まで世界14位)が6月に勝った「ウォルマートNWアーカンソー選手権」の優勝は62ポイント。翌週の全米女子プロ2位でも50ポイント(優勝100ポイント)だった。ところが、先月の日本女子オープンは2位で13.2ポイント(同22ポイント)。成田(同69位)が今季勝ったサントリー女子やアース・モンダミン杯はそれぞれ19ポイントでしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る