林家正蔵さん<4>志ん朝師匠とのゴルフ「中止になれ」と…

公開日: 更新日:

 最終回はちょっと真面目なお話を。

 ゴルフが大好きな私ですが、実は「雨が降って中止になれ」と思ったことがあります。

 古今亭志ん朝師匠という平成の名人がいらっしゃいます。私は落語家(初代林家三平)の家に生まれましたが、実は志ん朝師匠に憧れて落語家になったのです。

 その師匠が奥さまと一緒に、毎年北海道でゴルフをしており、そこに私を誘ってくれました。その頃ようやく90を切るようになり、師匠ともちょうど同じくらいの腕前だったこともあったのでしょう。

「旭川でゴルフやろう。おまえも今テレビにも出てるし、そこそこ稼いでるんだから、自分で飛行機のチケット買って来ないか? 仕事抜きで」と言ってくれたんです。

 私にとって、それはまさに至福の時でした。憧れの師匠と、同じ時間を共有できるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

  10. 10

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

もっと見る