林家正蔵さん<4>志ん朝師匠とのゴルフ「中止になれ」と…

公開日: 更新日:

 最終回はちょっと真面目なお話を。

 ゴルフが大好きな私ですが、実は「雨が降って中止になれ」と思ったことがあります。

 古今亭志ん朝師匠という平成の名人がいらっしゃいます。私は落語家(初代林家三平)の家に生まれましたが、実は志ん朝師匠に憧れて落語家になったのです。

 その師匠が奥さまと一緒に、毎年北海道でゴルフをしており、そこに私を誘ってくれました。その頃ようやく90を切るようになり、師匠ともちょうど同じくらいの腕前だったこともあったのでしょう。

「旭川でゴルフやろう。おまえも今テレビにも出てるし、そこそこ稼いでるんだから、自分で飛行機のチケット買って来ないか? 仕事抜きで」と言ってくれたんです。

 私にとって、それはまさに至福の時でした。憧れの師匠と、同じ時間を共有できるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る