ダルの二の舞避けたい大谷 “二刀流”完全復活へ探る最善策

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が20日(日本時間21日)のアスレチックス戦に「4番・DH」でスタメン出場し、2打数無安打1四球。3戦ぶりにバットから快音が響かず、3打席で退いた。チームは3―21で大敗した。

 大谷は、今月5日に受けたMRI検査で新たに右肘靱帯の損傷が見つかり、チームドクターから手術を勧められているが、本人は結論を先送り。打者として1年目のレギュラーシーズンを全うする見込みだ。

 靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術を受ければ、復帰までに1年以上を要する。大谷が希望する二刀流での出場は当分不可能で、なおかつ確実に復活する保証はどこにもない。それだけに手術に二の足を踏んでいるようなのだ。

 TJ手術に詳しい医療関係者は、大谷の心情をこう推し量る。

「日本人投手の先達のケースを比較して、最善の方法を模索しているのだろう。2014年に保存療法であるPRP注射を選択した田中(ヤンキース)は75日間でマウンドに戻り、その後も投げ続けている。そこへいくと、メスを入れたダルは球威こそ回復したが、右肘の不調で離脱し、クリーニング手術を受けた。大谷はダルの二の舞いは避けたい。できれば、田中のようにメスを入れずに済めばベストと考えている。しばらく打者に専念することで、患部は回復するだろうとの希望的観測をもっているのではないか」

 大谷は再来年の二刀流完全復活を見据えているというのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る