ダルの二の舞避けたい大谷 “二刀流”完全復活へ探る最善策

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が20日(日本時間21日)のアスレチックス戦に「4番・DH」でスタメン出場し、2打数無安打1四球。3戦ぶりにバットから快音が響かず、3打席で退いた。チームは3―21で大敗した。

 大谷は、今月5日に受けたMRI検査で新たに右肘靱帯の損傷が見つかり、チームドクターから手術を勧められているが、本人は結論を先送り。打者として1年目のレギュラーシーズンを全うする見込みだ。

 靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術を受ければ、復帰までに1年以上を要する。大谷が希望する二刀流での出場は当分不可能で、なおかつ確実に復活する保証はどこにもない。それだけに手術に二の足を踏んでいるようなのだ。

 TJ手術に詳しい医療関係者は、大谷の心情をこう推し量る。

「日本人投手の先達のケースを比較して、最善の方法を模索しているのだろう。2014年に保存療法であるPRP注射を選択した田中(ヤンキース)は75日間でマウンドに戻り、その後も投げ続けている。そこへいくと、メスを入れたダルは球威こそ回復したが、右肘の不調で離脱し、クリーニング手術を受けた。大谷はダルの二の舞いは避けたい。できれば、田中のようにメスを入れずに済めばベストと考えている。しばらく打者に専念することで、患部は回復するだろうとの希望的観測をもっているのではないか」

 大谷は再来年の二刀流完全復活を見据えているというのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る