ダルの二の舞避けたい大谷 “二刀流”完全復活へ探る最善策

公開日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が20日(日本時間21日)のアスレチックス戦に「4番・DH」でスタメン出場し、2打数無安打1四球。3戦ぶりにバットから快音が響かず、3打席で退いた。チームは3―21で大敗した。

 大谷は、今月5日に受けたMRI検査で新たに右肘靱帯の損傷が見つかり、チームドクターから手術を勧められているが、本人は結論を先送り。打者として1年目のレギュラーシーズンを全うする見込みだ。

 靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術を受ければ、復帰までに1年以上を要する。大谷が希望する二刀流での出場は当分不可能で、なおかつ確実に復活する保証はどこにもない。それだけに手術に二の足を踏んでいるようなのだ。

 TJ手術に詳しい医療関係者は、大谷の心情をこう推し量る。

「日本人投手の先達のケースを比較して、最善の方法を模索しているのだろう。2014年に保存療法であるPRP注射を選択した田中(ヤンキース)は75日間でマウンドに戻り、その後も投げ続けている。そこへいくと、メスを入れたダルは球威こそ回復したが、右肘の不調で離脱し、クリーニング手術を受けた。大谷はダルの二の舞いは避けたい。できれば、田中のようにメスを入れずに済めばベストと考えている。しばらく打者に専念することで、患部は回復するだろうとの希望的観測をもっているのではないか」

 大谷は再来年の二刀流完全復活を見据えているというのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る