今オフポスティング 菊池雄星“レッドソックス入り”が浮上

公開日: 更新日:

ドジャースと日本人左腕争奪で“延長戦”

 東西の伝統球団同士によるワールドシリーズ(WS)は28日(日本時間29日)、レッドソックス(ア・リーグ東地区)が、ドジャース(ナ・リーグ西地区)を下して5年ぶり9度目のワールドチャンピオンに輝いた。

 26日(同27日)の第3戦では延長十八回、WS史上最長となる7時間20分の死闘を演じた両球団。シーズンオフには再び“延長戦”が展開されそうだ。

 今オフ、ポスティングシステムでの大リーグ移籍を目指す西武・菊池雄星(27)を巡って、レ軍とド軍による争奪戦に発展しそうだからだ。

 今オフ、ドジャースのエースでサイ・ヤング賞左腕のクレイトン・カーショー(30=今季9勝5敗、防御率2.73)が、20年までの残り2年の契約(総額約43億円)を破棄(オプトアウト)して、FAになる権利を持っている。韓国人左腕の柳賢振(31=同7勝3敗、防御率1.97)もFA権を取得するため、同じ左腕の菊池取りが有力視されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る