ロサリオも不発で失敗続き 阪神「新4番」助っ人獲得の勝算

公開日: 更新日:

 阪神が来季の4番候補として、新助っ人探しに躍起になっている。スポーツ紙にはジェフリー・マルテ(27=エンゼルス・右右)、クリスチャン・ビアヌレバ(27=パドレス・右右)、パトリック・キブルハン(28=パイレーツ・右右)らの名前が挙がっている。

「本命」ともいわれるマルテは、昨オフも阪神のリストに入っていた。大谷の同僚で、主に一、三塁を守り、今季は90試合で打率.216、7本塁打、22打点。2016年には15本塁打を放っているが、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は言う。

「エンゼルスの補強次第ではリリースもある。空振り率は10%を切り、当てるのはうまいが、高めが好きで、ライナー率15%程度のフライボールヒッター。打率が低いのはミスショットが多いということ。打率.230~.240、20本塁打できれば御の字でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る