オリ西に4年20億円? 阪神が“金満補強体質”に逆戻りの不安

公開日: 更新日:

 阪神でまたぞろ、「カネ」の話が目立ち始めた。

 矢野監督が就任するや、球団は新体制をバックアップするため、20億円とも30億円ともいわれる補強費を投入するという。

 その目玉が、今季国内FA権を取得したオリックス西勇輝投手(27)。一部報道では西獲得に「4年20億円」級の条件を用意しているというが、

「通算74勝を挙げているとはいえ、今季は10勝13敗。大事な試合で勝ちきれず、エースの働きをしたともいえない。3億も4億も出す投手ではない。常にエースの仕事をする楽天・岸でさえ4年16億円。阪神はカネで争奪戦を制したいのだろう」

 とは、パ球団の編成担当だ。

 さらに今季FA権を取得する上本に対しても、3年程度の長期契約を提示するという。上本は通算10年で3回しか規定打席に到達していない。そんな選手に複数年契約を提示するのは異例だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る