オリ西に4年20億円? 阪神が“金満補強体質”に逆戻りの不安

公開日: 更新日:

 阪神でまたぞろ、「カネ」の話が目立ち始めた。

 矢野監督が就任するや、球団は新体制をバックアップするため、20億円とも30億円ともいわれる補強費を投入するという。

 その目玉が、今季国内FA権を取得したオリックスの西勇輝投手(27)。一部報道では西獲得に「4年20億円」級の条件を用意しているというが、

「通算74勝を挙げているとはいえ、今季は10勝13敗。大事な試合で勝ちきれず、エースの働きをしたともいえない。3億も4億も出す投手ではない。常にエースの仕事をする楽天・岸でさえ4年16億円。阪神はカネで争奪戦を制したいのだろう」

 とは、パ球団の編成担当だ。

 さらに今季FA権を取得する上本に対しても、3年程度の長期契約を提示するという。上本は通算10年で3回しか規定打席に到達していない。そんな選手に複数年契約を提示するのは異例だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る