復活には物足りず…稀勢の里の双肩にかかる今後の相撲人気

公開日: 更新日:

 今場所こそは横綱らしい成績を残せるか。

 11日に初日を迎える11月場所に向け、気合十分なのが稀勢の里(32)だ。6日は九重部屋に出稽古。秋巡業の序盤から関取衆を相手に相撲を取るなど、好調をアピールしている。

 先場所は8場所連続休場明けで、10勝5敗の勝ち越し。昨年3月場所以来となる9場所ぶりの皆勤を果たした。とはいえ、まだ復活と言うには物足りない。その意味では11月場所こそ真価が問われることになる。

 和製横綱が賜杯を抱く“お膳立て”は十分だ。白鵬(33)は10月に右ヒザと右足首の手術を受け、現在も本調子ではない。休場が濃厚と言われており、仮に出場したところでまともに相撲は取れないだろう。鶴竜(33)も右足の古傷に起因する右かかと痛に悩んでいる。モンゴル横綱2人がこんな状態なのだから、残った横綱が優勝を逃せば、それこそ赤っ恥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る