復活には物足りず…稀勢の里の双肩にかかる今後の相撲人気

公開日:  更新日:

 今場所こそは横綱らしい成績を残せるか。

 11日に初日を迎える11月場所に向け、気合十分なのが稀勢の里(32)だ。6日は九重部屋に出稽古。秋巡業の序盤から関取衆を相手に相撲を取るなど、好調をアピールしている。

 先場所は8場所連続休場明けで、10勝5敗の勝ち越し。昨年3月場所以来となる9場所ぶりの皆勤を果たした。とはいえ、まだ復活と言うには物足りない。その意味では11月場所こそ真価が問われることになる。

 和製横綱が賜杯を抱く“お膳立て”は十分だ。白鵬(33)は10月に右ヒザと右足首の手術を受け、現在も本調子ではない。休場が濃厚と言われており、仮に出場したところでまともに相撲は取れないだろう。鶴竜(33)も右足の古傷に起因する右かかと痛に悩んでいる。モンゴル横綱2人がこんな状態なのだから、残った横綱が優勝を逃せば、それこそ赤っ恥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る