広島・丸FA宣言で…巨人“塩漬け若手”が人的保証に虎視眈々

公開日:

 7日、国内FA権行使を表明した広島の丸佳浩(29)の獲得に乗りだす巨人では、選手の間で早くも「その先」が話題になっている。

「丸を取って人的補償を求められれば、誰か1人が広島に行くことになりますからね。宮崎では秋季キャンプを行っている若手は気が気じゃないでしょう。誰が28人のプロテクトリストに入るか、誰が外れるか。当落線上の選手が『オレか』『アイツか』と囁き合うのはもはや恒例行事みたいなもの」(チーム関係者)

 丸はAランク。もし巨人移籍が決まれば人的補償が発生する。金銭のみも選択肢のひとつで、数多くのFA選手を流出させてきた広島はこれまで、その補償の多くは金銭。育成重視、そして「貧乏球団」ゆえの選択だった。しかし、今や人気球団。資金よりも戦力を補強する傾向に変化しつつある。広島は投手陣の整備が急務。人的補償を選べば、若手の投手に狙いを定めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る