広島・丸FA宣言で…巨人“塩漬け若手”が人的保証に虎視眈々

公開日:

 7日、国内FA権行使を表明した広島の丸佳浩(29)の獲得に乗りだす巨人では、選手の間で早くも「その先」が話題になっている。

「丸を取って人的補償を求められれば、誰か1人が広島に行くことになりますからね。宮崎では秋季キャンプを行っている若手は気が気じゃないでしょう。誰が28人のプロテクトリストに入るか、誰が外れるか。当落線上の選手が『オレか』『アイツか』と囁き合うのはもはや恒例行事みたいなもの」(チーム関係者)

 丸はAランク。もし巨人移籍が決まれば人的補償が発生する。金銭のみも選択肢のひとつで、数多くのFA選手を流出させてきた広島はこれまで、その補償の多くは金銭。育成重視、そして「貧乏球団」ゆえの選択だった。しかし、今や人気球団。資金よりも戦力を補強する傾向に変化しつつある。広島は投手陣の整備が急務。人的補償を選べば、若手の投手に狙いを定めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る