広島・丸FA宣言で…巨人“塩漬け若手”が人的保証に虎視眈々

公開日: 更新日:

 7日、国内FA権行使を表明した広島丸佳浩(29)の獲得に乗りだす巨人では、選手の間で早くも「その先」が話題になっている。

「丸を取って人的補償を求められれば、誰か1人が広島に行くことになりますからね。宮崎では秋季キャンプを行っている若手は気が気じゃないでしょう。誰が28人のプロテクトリストに入るか、誰が外れるか。当落線上の選手が『オレか』『アイツか』と囁き合うのはもはや恒例行事みたいなもの」(チーム関係者)

 丸はAランク。もし巨人移籍が決まれば人的補償が発生する。金銭のみも選択肢のひとつで、数多くのFA選手を流出させてきた広島はこれまで、その補償の多くは金銭。育成重視、そして「貧乏球団」ゆえの選択だった。しかし、今や人気球団。資金よりも戦力を補強する傾向に変化しつつある。広島は投手陣の整備が急務。人的補償を選べば、若手の投手に狙いを定めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る