巨人・原監督は丸との両取りを狙うが…FA炭谷争奪は大苦戦

公開日:

 3度目の登板となった原辰徳監督(60)は、4年連続V逸の泥沼に沈む巨人再建の活路を補強に求める方針だ。

 1日、宮崎で始まった秋季キャンプでは、第1クール2日目にして紅白戦をやった。滞在19日間で実戦は計7度(8日の日米野球を含む)というスケジュール。現有戦力と若手のレベルを把握するのが目的だという。この日は、紅白戦に先発して3回1安打無失点だった左腕・田口の投球を満足そうに見つめていたが、その一方で、日本シリーズ後に交渉が解禁されるFA選手の調査を水面下で続けている。

「FAで広島の丸(佳浩=29)、西武の炭谷(銀仁朗=31)の両取りを狙っている原監督ですが、現時点でまだ権利の行使がはっきりしない丸はともかく、FA宣言が確実な炭谷に関しては、苦戦しそうな気配です。炭谷取りに動いている楽天の石井一久GMが、かなりの好条件を用意して口説くそうですからね。石井GMと炭谷は西武時代の同僚。炭谷が高卒3年目を迎えた2008年からバッテリーを組み、投げながら配球を教え込んだのが石井GMです。楽天は炭谷に、100試合以上のスタメン起用を保証するという話も出ていますよ」(パ球団編成担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る