巨人・原監督は丸との両取りを狙うが…FA炭谷争奪は大苦戦

公開日:

 3度目の登板となった原辰徳監督(60)は、4年連続V逸の泥沼に沈む巨人再建の活路を補強に求める方針だ。

 1日、宮崎で始まった秋季キャンプでは、第1クール2日目にして紅白戦をやった。滞在19日間で実戦は計7度(8日の日米野球を含む)というスケジュール。現有戦力と若手のレベルを把握するのが目的だという。この日は、紅白戦に先発して3回1安打無失点だった左腕・田口の投球を満足そうに見つめていたが、その一方で、日本シリーズ後に交渉が解禁されるFA選手の調査を水面下で続けている。

「FAで広島の丸(佳浩=29)、西武の炭谷(銀仁朗=31)の両取りを狙っている原監督ですが、現時点でまだ権利の行使がはっきりしない丸はともかく、FA宣言が確実な炭谷に関しては、苦戦しそうな気配です。炭谷取りに動いている楽天の石井一久GMが、かなりの好条件を用意して口説くそうですからね。石井GMと炭谷は西武時代の同僚。炭谷が高卒3年目を迎えた2008年からバッテリーを組み、投げながら配球を教え込んだのが石井GMです。楽天は炭谷に、100試合以上のスタメン起用を保証するという話も出ていますよ」(パ球団編成担当)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る